ぽんちょのドラマ・いろいろブログ

ぽんちょのドラマ・いろいろブログ

ドラマ・映画の雑感。時々、嵐。雑談。

『半分、青い。』新しい視聴者を取り込んだとは思う(感想)

▷日本ドラマ 視聴済リスト(2010~現在)

 

こんにちは、ぽんちょです😋

 

2018年上半期 朝ドラ『半分、青い。

f:id:k_a_n_mi:20181001144148j:image

全話見たわけじゃない私がこんなブログを書いてもいいのかなーと思ったんですが、書きます(笑)

 

ドラマには、賛否両論はつきもので、『面白かった!』と思う人も『面白くない』と思う人も、それぞれだと思います。

その方達を批判するつもりは全くないですが、どこをどんな風に面白く思うんだろ?って疑問はありました(批判やんけ)

 

 

朝ドラは、私自身初めての視聴でした。

朝ドラを見たことがなくても、予告が流れてた時点で『あ、この朝ドラ見たい』って思ったし実際に見ました。

 

だから、私みたいな新しい視聴者を取り込めたドラマだと思っています。

 

ただ、本当に脚本が雑だった😅

 

細かい感想は、全話見たわけじゃないので書けません。

両親と見ていたので、食卓の話題はいつも『半分、青い。』でした。だから、学校で見れなかった回は、親からあらすじを聞いていました(笑)

 

あんなに流行った『あまちゃん』すらも見なかったのだから、話題性は凄かったと思うのです。

だけど、脚本が…雑。

 

永野芽郁ちゃんは好きです。それでも、役は好きじゃなかった。

 

朝ドラっていつも、結構昔の話を物語にすると思うんです。だから変に構えちゃって、興味がわきませんでした。

でも『半分、青い。』は恋愛推しの朝ドラなんだー!と思って興味がわきました。

 

恋愛模様を描きたかったにしては途中から、なにこれ?ん?はい?ってところが多くてww

 

朝ドラのヒロインにしては、珍しくあまりいい気持ちのしないキャラクター(笑)

朝ドラのヒロインは、欠点があっても魅力があるものだと思うのですが、鈴愛に対してはイライラが止まらない😇

まあこれは、視聴者の感性によるものだと思うんですが(笑)

 

朝ドラあるあるの、『努力を続けて、それが報われなかったとしてもみんな成長できたよ!』みたいな物語。

新しく斬新な朝ドラといいつつも、鈴愛も努力して挫折を経験するんですよね。でもそこ描こうよ!ってとこ描かないんですよ🤔

一番大事なとこ描かないの?みたいな。

 

鈴愛は、一般的に好かれるようなキャラクターではないと思うんですが、登場人物みんな鈴愛のこと大好きなんですよね。まあそれは価値観それぞれでいいとして、そこに苦言するキャラクターがいても良かったかなーと。

そのキャラクターがいないから、ヒロインに共感できない人は見てても、は?って思って終わりなわけです(笑)

 

 

鈴愛の「死んでくれ」発言や、律&鈴愛のキスシーンなど。

賛否両論で話題になってました。

 

これも全て、雑が原因だと思うのです(笑)

 

「死んでくれ」発言が出てくる、少し前の回までかんちゃん(鈴愛の娘)はまだ生まれてなかったわけですよw

かんちゃん5歳の誕生日に、鈴愛の夫・涼次(間宮祥太朗)は「映画監督になれるこの最後のチャンスをモノにするためには家族は邪魔になる、だから別れて」って言うわけです。

 

「死んでくれ」に対しての言葉の賛否は置いといて。

この2つの発言になるまでの、涼ちゃんの葛藤と鈴愛の育児に苦戦してる様子、そこがもっと必要だったと思うのです。

 

それを全部省いて、『俺はやっぱり映画監督になりたい。家族は邪魔だ、別れろ』なんて言われたら。いやいや、展開雑やろ。

 

脚本家さんは頭の中で思い描いてることがあるんだと思うけど、見てるこっちは省きすぎてて訳分からんわけですよww

 

鈴愛の大変な様子とかもっと描いてたら、「死んでくれ」であんな変に発言だけ浮くことはなかったと思うのです。

 

 

そして、そこいる?ってところに新しい登場人物が出すぎ。

あとは、『○年後』とか ナレーションで大事な部分を済ましてしまうのが多かったところ。

って感じで、そこはもうちょっと詳しく描いて!!ってころを短く。

え、そこいる?ってところを長く。描いている朝ドラなのです。個人的な意見ですが(笑)

 

話は変わって、脚本家・北川悦吏子さんのTwitter『神回』発言。

神回神回言うてはりますけど……ごめん、神回には思われへん。みたいな(笑)

神回詐欺っていうか何というか。

北川さん、Twitterで解説とかもやっていたんですが、ドラマ自体に描いてくれないとTwitter見てない人はわからんわけですw

てかなんでそこをドラマに入れなかった?

脚本家自身が、作品の面白さを下げていた気がします。

 

そして、北川悦吏子さんは朝ドラが始まる前に『朝ドラに革命を起こしたんじゃないか』と仰っていました。

 

新しい視聴者を取り込んだ、そこは革命でしょう(笑)

 

物語に関しては、個人的には革命ではないと思います。革命を起こすところが、ズレてたかな。新しい斬新なところが、逆に悪い方向に傾けている気がしました(笑)

 

いい意味でも悪い意味でも、話題性に富んだ朝ドラだったと思います。

 

 

そして、新朝ドラ『まんぷく

f:id:k_a_n_mi:20181001145721j:image

10/1 今日から。1話は見ました。

でも、学校でまた『半分、青い。』みたいに飛び飛び視聴になりそうです(笑)

 

関西人からすると、少し変な関西弁が気になりますが、普通に面白かったです。

 

▷読者になる